2019/11

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< >>





SGF501BS WORKERS XX BLK ST 


生産中のSGF501BS

ウォッシュ後を紹介
お手元に届くまでもうしばらくお待ちください。





ぎゅっと縮み、ねじれる。









 




SGF501BS WORKERS XX BLK ST 

セルヴィッジスレキ。
ポケット内側底にはセルヴィッジが走る。











レーヨン製織ネーム
インディゴグラデーションイメージのロゴ










ヌメレザーパッキンがズラリと並ぶ。




 



SGF501BS WORKERS XX BLK ST


表がシンプルだからこそ、裏側にはディティールを詰め込んでいる。





前立ては折込み仕様




オーバーロックより美しさがある。




 





SGF501BS WORKERS XX  BLT ST



後身頃2


後身頃帯は
安定の2本ループ。




立体的なループに挟まれた帆布3枚重ねラベル。
















 



SGF501BS WORKERS XX BLK ST


後身頃





バックポケットはやや大きめ




中高仕様のポケット口。




レザー内臓帆布ピスネーム。

穿き込んでいくとレザー染料が染み出しインディゴで汚染されていく。


 



SGF501 WORKERS XX 


鉄製白三層ブルズアイ

ソリッドな鉄製ブルズアイに黒メッキプラス白ラッカー仕上げ。
前回はインディゴカラー散らしをしていたが今回は白ラッカー仕上げ。
このほうが潔い印象。










穿き込んでいくと

白ラッカーがはがれ
黒メッキが見えてくる。
そして、無垢の鉄材も顔を覗かせる。












 


SGF501 WORKERS XX 


前身頃

ディティール


中高ループ帯上挟み込み
バンザイ縫い進化形



閂の無いシンプルな前立て






前立て裏には補強共布
地の目を変えているので生地が歪み立体的なアタリ感を生む。




脇セルヴィッジは極細0.8mm








 



SGF501BS WORKERS XX BLK ST

仕様はSGF501と変わらないがおさらいも含めて順番に紹介します。


前身全体








もちろんPK口は中高仕様





金茶のセルヴィッジがのぞく。



 



SGF501BS  WORKERS XX BLK ST 

HPのほうも準備中ですので今しばらくお待ちください。
詳細はHPにて紹介いたします。

ブラックステッチゆえディティールは主張しない。
だが、帆布を使ったラベル、ピスは際立つ。









もちろんセルヴィッジを際立つ。




 



SGF501 WORKERS XX


SGFT031 RAIL ROADERS JKTと同時に着こみたいという要望が多く
急遽、若干数量ですがリリースいたします。
生地を10反(500m強)しか作っていない為、
SGFT031,SGF501共に10反の中で生産できる分のみとなります。

ただ追加で生産してもしょうがないので
SGFT031に合わせてオールブラックステッチタイプをリリース。











SGFT031と合わせてSGF501BS(ブラックステッチタイプ)もご期待ください。