2019/12

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>








sgf101 saddle ride bootsよりリミテッドアイテム第一弾スタート。
sgf101-100 saddle ride boots limited 「100 YEARS JEANS」



0.5年モデル。
1年モデル。
3年モデル。
5年モデル。
10年モデル。
30年モデル。


前置きは長くなったが100年モデルを製作。




前回に続き、今回はフロント腰周りを紹介します。



腰周りアップ。




30年置きに、別の人が穿いたと過程し
「ヒゲはナチュラルに目立たない」ように設定。


コインポケット側。




ポケットに手を入れて穿いていることを過程。
タイトフィットで無理矢理ポケットに手を入れ、次第に破れてくる。
そして、そこの部分をリペアしていく。

そんな背景も感じさせるポケット。




逆のポケット。




こちらは、コインポケット側同様、破れ、それをリペアしているのだが
ペンキで少し汚した。

右手でハケを持ち、左手でペンキ缶を持つ。
知らぬ間に、腰周りが汚れてくる。
こちらも、そんな情景を想像しつつ作成。

左右で少し異なっていて良いバランスである。




それぞれのアップ。
全体としては目一杯のクラッシュなのだが、細く丁寧な仕事がわかる。
市場で売っているものはこういう部分で手を抜いてしまうことが多い。















釦部分。
加工したものは旧モデルであるので、フライ釦は一回り小さいものになります。
三層コーティング釦の剥離度も計算して作っているからもっと黒の分量が多い、よりグラデーションがキレイなものになるだろう。






腰周りだけでも相当に迫力がある。
細かい箇所は丁寧に、そして、全体としては荒々しい雰囲気だ。
想像以上の出来上がりである。



徐々に、詳細を紹介いたします。
次回ご期待ください。



comment









trackback