2019/10

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

 

 

 

SGF501KASE

 

WORKERS XX KASE

 

ベルトループはベルトをした際、安定する6本仕様

 

アタリ感が立体感をうむふくらみループはSGF501より継続だが

着用によりダメージの出やすいループは、リペアしやすい上乗せ閂仕様に変更

 

 

sgf501kaseloop1.jpg

 

 

sgf501kaseloop2.jpg

 

 

sgf501kaseloop3.jpg

 

 

 


 

 

 

 

SGF501KASE

 

WORKERS XX KASE

 

前立て裏をみると折り込み仕様

 

綺麗な裏側である。

 

 

sgf501kasef12.jpg

 

 

sgf501kasef13.jpg

 

 

 

 


 

 

 

SGF501KASE

 

WORKERS XX KASE

 

最小限のステッチで構成された前立て

前立て裏のボタン補強布、前立てのふくらみを抑える逆挟み込みの持ち出しはSGF501から継続

 

 

sgf501kasef9.jpg

 

 

 

sgf501kasef10.jpg

 

 

sgf501kasef11.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

SGF501KASE

 

WORKERS XX KASE

 

コインポケットが付くポケットのもう片方はプレーンなポケット仕様

 

穿き込みの中で脇ハギにヒゲがつき色落ちの楽しめる場所でもある。

 

 

sgf501kasef7.jpg

 

 

sgf501kasef8.jpg

 

 

 

 


 

 

 

SGF501KASE

 

WORKERS XX KASE

 

コインポケット

 

PK口はセルヴィッジ仕様

 

縫製糸は 金茶とイエロー綿糸のミックス

鉄製リベット

 

バランス良い仕上がり

 

 

sgf501kasef5.jpg

 

 

sgf501kasef6.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

SGF501KASE

 

WORKERS XX KASE 

 

ワークに耐えうる最小限のフロントポケット

 

日常の使用にも支障なく、シルエットの邪魔にならない。

 

 

sgf501kasef1.jpg

 

 

sgf501kasef2.jpg

 

 

sgf501kasef4.jpg

 

 

 


 

 

SGF501KASE WORKERS XX KASE

 

バックスタイル

 

ポケットのバランスは微調整したものの大きな変更は無し。

 

穿き込んでいても違和感なくバランスの良いバックスタイルといえるだろう。

 

sgf501kasezn4.jpg

 

sgf501kasezn5.jpg

 

sgf501kasezn6.jpg

 

 

 

 


 

 

 

SGF501KASE

 

WORKERS XX KASE

 

シルエット

 

SGF501は今でも継続して穿き込んでいる

 

そこでシルエットは微妙にアップデート

 

寸法に変更はないが、ヒップ回りのパターン曲線を調整

 

少し穿きやすくなった。

 

一方で下記は変わらずに継続。

 

 

セルヴィッジ仕様の脇直シルエット

 

ワークに耐えうるワークシルエットながらゆとりをぎりぎりまでそぎ落とした。

 

 

sgf501kasezn1.jpg

 

 

sgf501kasezn2.jpg

 

 

sgf501kasezn3.jpg

 

 

 


 

 

 

 

SGF501KASE  WORKERS XX  KASE

 

本藍染めのきれいな青

 

これを見た瞬間SGF501へ落とし込みたいと素直に思った。

 

 

 

SGF501 WORKERS XX  2011年のリリース

 

SGF501BS WORKERS XX BLK ST   2014年のリリース

 

穿き込みを重ねて

必要、不要な部分を検証。

アップデートしたSGF501

 

 

sgf501kasez1.jpg

 

 

sgf501kasez2.jpg

 

 

 


 

 

 

 

SGF501KASE WORKERS XX KASE

 

生地が上がってきて本藍染めの底力を知ることになる。

 

上がってきた生地は何とも言えないきれいな深みのある青

 

糸段階ではわからなかったが、生地で見るとその色味は歴然。

 

想像を超えてきた。

 

 

sgf501kasekiji7.jpg